用法用量

骨ベーチェット病

骨ベーチェット病は原因不明の骨の病気です。珍しい病気で、患者数は国内に数百人程度と言われています。骨ベーチェット病では破骨細胞と骨芽細胞の療法が過度に活性化し、骨の分解と再構築が著しく亢進しています。このように骨の代謝が著しく亢進すること…

リファンピシンは食後でもOK

リファンピシンは結核の治療薬として古くから使われる薬です。実は、昔からリファンピシンは食前に服用しなければならないと言われてきました。薬剤師の国家試験でも食前に服用する薬の代表例の一つとして、問われることの多い薬でした。しかし、最近では食…

ビスホスホネート

薬は一般的に食後に飲みましょうというものが多いのですが、実は起床時に服用しなければならない薬があります。その代表例は骨粗鬆症などの治療に用いられるビスホスホネート系と分類される薬です。 <ビスホスホネート系製剤の代表例> ・アレンドロン酸ナ…

食後と食直後

薬をもらった時に服用のタイミングが必ず薬の袋には書かれているはずです。多くの場合、「1日3回毎食後」や「1日1回朝食後」などのように「食後」の服用指示が多いと思います。 しかし、たまに「1日3回毎食直後」や「1日1回朝食直後」といったふうに「食直後…