妊婦授乳婦

妊婦はカフェインを避けるべき?

カフェインの過剰摂取は胎児への影響があるとして、妊婦が避けるべき成分の一つとして広く認識されています。 【各国で推奨されるカフェイン許容量】 ○世界保健機関(WHO) → 胎児への影響は未確定でありますが、妊婦にはコーヒーをはじめカフェインを含む飲…

妊婦の風邪

風邪というのはウイルス性の感染症です。ウイルスと細菌は全くの別物ですから、細菌に対して働く抗生物質や抗生剤、抗菌剤という薬は風邪には効きません。一般的に風邪の治療は薬に頼るのではなく、自身の免疫でもって治るのを待つということが原則になりま…

妊婦にもときとして薬を。

つわり、妊娠悪阻は妊娠初期に悪心・嘔吐、食欲不振などの消化器症状として出現します。原因は解明されていませんが、急激なホルモンバランスの変化が原因だと言われることもあります。また、ちょうど催奇形性など胎児への毒性が顕著に顕れる時期ですから、…

はじめてのお薬

生まれたばかりの新生児はビタミンKが欠乏状態になりやすいと言われています。ビタミンKは胎盤移行性が悪く、出生時に体内に備蓄される量が少ないことが多いのです。加えて、母乳中に含まれるビタミンKも少なく、また、腸管吸収が悪いこと、新生児ではビ…

妊娠中のワクチン接種

●インフルエンザワクチン日本のインフルエンザワクチンの添付文書には妊婦への投与は予防接種上の有益性が危険性を上回る場合のみ接種することとされています。同時に、小規模ながら、接種により先天異常の発生率は自然発生率より高くはならないという報告が…

たかが湿布、されど湿布

妊娠中や授乳中に注意が必要な薬が多々ありますが、実は湿布剤にも注意が必要なものがあります。みなさんも、家に余っていた湿布を腰痛や肩こり、筋肉痛、あるいは足首をひねった時などに自己判断で使った経験があるのではないでしょうか。しかし、実は妊娠…